describe

整形でエラ削りを経験した体験話

スッキリ細くなった点に満足

大切なのは変化を受け入れる事で、なぜ整形を選びエラ削りを選択したのか明確であれば、手術前後で戸惑う事はなくなります。手術前日は眠れませんでしたが、当日は意外なほど落ち着いていて、鏡で顔を見ても怖さや不安は一切ありませんでした。術後は顔が腫れていたり、手術時のケアが残っているので、しばらくは変化した自らの顔とはお別れになります。2週間から1ヶ月が経過すると、顔の状態にも落ち着きが見られますし、気持ちの面でも冷静に受け入れられる準備が整います。手術した直後でも、鏡を見て何となく顔を確認する事は出来ますが、正面に立って新しい顔と対面する際は流石に緊張します。生まれ持った顔に別れを告げて、新しい顔に向き合った時はまず、様々な角度から見た輪郭の確認を行いました。正面から見た時は、今まで嫌いだったあごの出っ張りが目立たなくなった事、そしてスッキリ細くなった点に満足感を得ています。次に顔を斜めから見た瞬間、明らかに違うあごの状態を確認した事で、手術して良かったと初めて実感に結び付きました。一目見てあごが見慣れたものとは違っていたり、まるで他人の輪郭のように感じられた事が衝撃的だったと評価出来ます。

1. エラにコンプレックスを持っている
2. スッキリ細くなった点に満足
3. 本人がどのように受け入れられるかが重要