describe

整形でエラ削りを経験した体験話

本人がどのように受け入れられるかが重要

ところが、その後は当たり前のように納得出来たり、自然に受け入れる事が出来たので、エラを削った事は大成功だと実感しています。手術の影響が完全になくなり、新しい輪郭と付き合い始めた後は、人前に出る事が嫌ではなくなり、むしろ他人と顔を合わせる事が楽しくなりました。どれだけ生まれつきの顔が嫌いでも、産んでくれた親に責任はなく、かといって本人にも罪はない複雑な問題です。この手術は、本人の悩みを解決するだけではなく、親に対する言いがかりに近い憎しみの解消に役立ちます。実際に気持ちの面でも変化を実感出来た事は幸運で、今まで似た顔を持つ親に負の感情を持っていましたが、手術によって憎しみは全くなくなっています。逆に感謝の気持ちを持つ事が出来たので、手術を引き受けてくれた担当医であったり、スタッフの方々にはお礼を伝えたい感情を持っています。顔を変える事は問題ではなく、手術によって何が変わり、本人がどのように受け入れられるかが重要です。手術の影響は当初考えるよりも大きく、顔の輪郭や印象に加えて、内面の認識や感情にも影響を与えるので、事前に担当医と話し合い良く考えて決める事がおすすめです。

1. エラにコンプレックスを持っている
2. スッキリ細くなった点に満足
3. 本人がどのように受け入れられるかが重要