describe

整形でエラ削りを経験した体験話

エラにコンプレックスを持っている

生まれつき親から遺伝する顔の特徴は、自らの努力で改善出来る部分が少なく、一生受け入れるか否定する日々に繋がります。ただ、受け入れる事が難しければ、顔だけではなく自身の存在意義まで否定しがちになります。しかし、美容整形の発達によって、安全に顔のコンプレックスを改善出来る時代になっています。エラ削りは整形技術の一種で、この方法を選ぶ人が多い事実は、エラにコンプレックスを持っている人が少なくない事を意味しています。エラ削りとは、医療器具をエラ部分に挿入を行い、骨を削る事で整形を行う技術です。また、事前にエラ削りで削る角度や量を調節出来るので、希望通りに整形デザインを行う事が可能となります。実際にエラ削りを受ける前は、削るの一文字に恐怖を感じたり、希望に近い形で整形が実現するのかと疑問はありました。最初は担当の先生に話を聞かれて、なぜエラ削り を希望するのか、最終的にどうなりたいのか十分に話を行います。これは、何となく顔に変化を希望するよりも、理由や目的を明確にした方が、具体的な顔のデザインが決めやすくなります。更には、手術後に後悔するリスクも取り除けるので、手術を決断するまでの話し合いは重要といえます。生まれ持ったエラを削れば、顔の輪郭は削った分だけ親から離れたり、他人に異なる印象を与えるように変化します。

1. エラにコンプレックスを持っている
2. スッキリ細くなった点に満足
3. 本人がどのように受け入れられるかが重要


よこはまエーブクリニックhttp://www.yokohama-abe.com/treatment/faceline/era.php

東京イセアクリニックhttp://www.tokyoisea.com/cosmetic-surgery/faceline/era2/